シャネルの古いアクセサリーの使い道

昔に流行ったシャネルのアクセサリーって覚えてますか?

金色のメッキの大ぶりのデザインで、いかにもシャネルシャネルしていた、今から考えるとかなり”ケバケバしい”ネックレスとかイヤリング覚えてませんか?あとはチェーンベルトやバングルなんかも流行りましたよね。

 

古いバッグなら、今でも何とか持てますけど、このアクセサリー達は流石に今となっては派手すぎて使えませんよね?

このシャネルのアクセサリー達、海外で需要が高まってるみたいなんです。

しかもわざわざ日本のブランド品の中古品を売ってるお店に買いに来るみたいですよ!

これはチャンスじゃないですか!?

 

円安も影響しているんでしょうけど、日本には海外の旅行者が沢山来ています。

円安なんで、日本で買うと為替を考慮したら安く買えてるわけなんですけど、ブランド品に至っては更に中古品でも良いって感じで買って行く様なので、普通に新品で買うよりもかなりお値打ちで手に入れている様です。

只、あの辺りのアクセサリーって需要があると知らずに捨てちゃった人も多いみたいで、絶対数が足りないので、仕入れ強化、買取強化をしているお店も多いみたいです。

 

ヴィンテージアクセサリーって言われて重宝されているみたいで、ネット通販とかを見ても、割りと良い金額で売られてますし、これは持って行くしかありませんよね?

私も今は使えないので、シャネルのあの頃のアクセサリーは沢山持ってますので、需要がある内に是非買取店を利用をしたいと思います。